絵唐津 円相紋 半筒 沓形 茶碗 鶴田純久作_ytoe111

見出し:掘り出しものは、手の中にある。鶴田 純久の章
作品名:絵唐津 円相紋 半筒 沓形 茶碗 鶴田純久作
品番:ytoe111
付属:桐の木箱
◇寸法 長径:約12.4センチ × 高さ:約7.6センチ 重さ:約310グラム

¥121,000

掘り出しものは、手の中にある。HISASIH.SHOP
作品名:絵唐津 円相紋 半筒 沓形 茶碗 鶴田純久作
◇唐津では珍しいく楽茶碗風の手練で制作された茶碗です。
◇正面の絵柄は円相文で、形は沓形の半筒茶碗になっています。
◇火回りのせいか口縁の部分より胴締めまで色替わりに成り景色が醸し出されます。
◇高台畳付には3つの目跡が残り、その周辺も緋色と梅花皮の醸し出す味が絶妙です。

◇このような仕込みになります。


仕込み・木箱

木箱紐掛け

絵唐津(えからつ)とは窯変(ようへん)とは目跡(めあと)とは
◇絵唐津(えからつ)とは、鉄絵のある唐津はすべて絵唐津と呼ばれます。唐津の窯で最も普遍的に上釉として用いられたのは、土灰釉か長石釉ですが、この釉下の地膚に絵を描けば絵唐津になります。
胎土の上に、草花文様や橋上人物図など瀟洒(しょうしゃ)な絵を鉄の絵の具で描き、その上に上釉を施したものです。
絵柄についても簡素な李朝風の絵柄から織部好みとされるデザイン性に富んだ絵柄まで幅広くあります。
◇窯変(ようへん)とは、作者が意識せず窯の中で炎や灰がかかり、上薬や土膚が別の雰囲気に変化した物をいいます。
上薬や土の性質、窯の炊き方や窯の場所等で多種多様の要素で変化が起こり、焼き物の特に陶器の創作上や鑑賞の上で重要な部分を占めています。
◇目跡(めあと)とは、器物と器物がくっつかないように中間に高温でも溶けないものを挟み込んで焼成し、窯から出した後挟み込んだものを処理した跡を言います。
現代には窯道具として棚板などがあり、より多くの器物が焼けるようになりましたが、古くはそれがなくより多くを焼くために「重ね焼き」という方法をとっていました。
茶碗や皿などを重ね焼くのですがその中間(高台と下の器の見込み)に土や石などを挟み焼いていました。
また、器物の高台と窯床が溶接しないように挟み込んでいます。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。